2017年06月25日

新札幌情報ナビ新着記事2017.06.13−25おはぎの専門店「ももすず」、ファミマ新規開店など【札幌市厚別区】

札幌市厚別区の新札幌エリアとその周辺の地域情報をお届けするブログサイト「新札幌情報ナビ」の更新状況をお知らせします。

20170625_041242.jpg
「新札幌情報ナビ」新着記事
2017年6月13日〜6月25日


●2017年6月13日
もみじ台緑地東側のドッグランの今季営業状況など【札幌市厚別区】
http://shinsapporo.lomo.jp/wp/?p=650

●2017年6月14日
改築された「もみじ台緑地管理事務所」の外構工事が進められています【札幌市厚別区】
http://shinsapporo.lomo.jp/wp/?p=656

●2017年6月15日
「After hours Mintons Cafe」ライブもできるジャズカフェ【札幌市厚別区】
http://shinsapporo.lomo.jp/wp/?p=661

●2017年6月20日
【新規開店】おはぎの専門店「ももすず」_北海道産小豆を使った手作りの味【札幌市厚別区】
http://shinsapporo.lomo.jp/wp/?p=666

●2017年6月25日
2017年6月_ファミリーマート札幌厚別西4条店、厚別西2条店オープン【札幌市厚別区】
http://shinsapporo.lomo.jp/wp/?p=670

スポンサーリンク



posted by tahbou at 05:14| Comment(0) | 厚別区全域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

第1回ジンギスカン定食対決_厚別区の「きっちんすずや」VS江別市の「マキシドルパ」【北海道ジンギスカン情報】

20170618_051547.jpg

夏の北海道といえば、どこからか美味しそうな香りが漂ってくる。そう、あの人もこの人も、あたりを見渡せば皆ジンギスカン♪

なのに、定食に「ジンギスカン」が少ないのは何故?「ジンギスカン定食」って意外とメニュー化されていないのです。

20170618_051751.jpg

第1回「ジンギスカン定食対決」

そこで筆者は、ジンギスカン定食の普及をめざし、こんな企画を立てました。「ジンギスカン定食対決」。各店舗ごとに提供されているジンギスカン定食を比較してご紹介することで、来訪動機を高めようという狙いです。





さて、記念すべき第1回目は、厚別区大谷地西にある「きっちん すずや」のジンギスカン定食と、江別市高砂町の江別市民会館レストラン「マキシドルパ」のジンギスカン定食を比較してみましょう。

厚別区代表「きっちん すずや」のジンギスカン定食

20170618_051852.jpg

炒めたもやし、ピーマン、ニラの上にラム肉が乗っています。下味が付いたお肉ですが、あらためて全体にタレがかかっています。タレは甘味は強すぎず比較的さらりとした感じです。

先にお肉を焼いておいて、後から野菜を炒めたようです。野菜はアツアツでしたが、お肉が冷めていたのが少し残念。

20170618_051915.jpg

味噌汁は大きなお椀でアツアツ。ご飯の盛りも良くお腹が満たされます。これで700円なんです。


江別市代表「マキシドルパ」のジンギスカン定食

20170618_051621.jpg

ここのジンギスカン定食には2種類の注文の仕方があります。1つは、完全調理後のジンギスカン定食。もう一つは、生焼きのお肉を固形燃料で焼きながら食べるタイプ。

私は面倒なので、完全調理後のタイプを注文。炒めたもやし、ピーマン、人参、キャベツに、お肉が乗っています。1つだけ付いている“なす”が超うれしい。

20170618_051635.jpg

鉄のプレートに乗ってくるので、アツアツでいただけます。味噌汁は小さ目。ご飯の量はあまり多くありません。お値段は1000円と少々高め設定。


どちらも、ご飯がススム

コスパ点を加味すると「きっちん すずや」に軍配が上がりますが、料理としての完成度では「マキシドルパ」が優勢です。ちなみに両店とも漬物は付いています。

やっぱり、どちらもいただいておきたいですね。


■きっちん すずや
住所 札幌市厚別区大谷地西6丁目1-6
電話  011-891-6329
営業時間 11時00分〜20時00分
定休日 日曜日

ジンギスカン定食 700円

■江別市民会館レストラン「マキシド ルパ」
住所 北海道江別市高砂町6番地
電話  011-383-5267
営業時間 11時00分〜19時00分
定休日 年末年始

ジンギスカン定食 1,000円

スポンサーリンク



posted by tahbou at 05:38| Comment(0) | 厚別区全域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

新札幌情報ナビ新着記事5件_アークシティの時計が無くなる?、きっちんすずや他【札幌市厚別区】

20170611_053617.jpg
北海道札幌市厚別区の新札幌エリアとその周辺の地域情報をお届けするブログ「新札幌情報ナビ」の更新状況
2017年6月3日〜11日分、5件をご紹介します。

●2017年6月3日
新札幌の商業施設(サンピアザ)開業から40周年_発展の歴史と記念イベントなど【札幌市厚別区】
http://shinsapporo.lomo.jp/wp/?p=616

●2017年6月4日
厚別南のパナソニック札幌サービスセンター_直接持ち込みOK【札幌市厚別区】
http://shinsapporo.lomo.jp/wp/?p=622

●2017年6月5日
【新規開店】厚別南に小さな居酒屋「ゴン汰」オープン_新札幌整形外科の並び【札幌市厚別区】
http://shinsapporo.lomo.jp/wp/?p=630

●2017年6月6日
大衆食堂「きっちん すずや」超多彩なメニューにワクワクが止まらない【札幌市厚別区】
http://shinsapporo.lomo.jp/wp/?p=633

●2017年6月11日
新札幌のシンボル_アークシティの時計が無くなる?公式サイトで衝撃のお知らせ【札幌市厚別区】
http://shinsapporo.lomo.jp/wp/?p=640

スポンサーリンク



posted by tahbou at 05:42| Comment(0) | 厚別区全域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大谷地にある名店「穂高」でラーメンとは何かを考える【札幌市厚別区】

南郷通り沿い大谷地にある有名店「穂高」。近くにあるのに、この10年間でわずか3回目の訪問。お昼時だったので順番待ちができており、お店の前で20分ほど待ちます。既に、ここは食事を楽しむ場所ではなく、“美味しいラーメンとは何か”を考える場所なのです。

20170611_01.jpg




これまで、最初に真っ黒な「醤油ラーメン」、あっさり系の「鶏スープの醤油」をいただきましたので、今回は、「味噌ラーメン」を注文。

20170611_02.jpg

登場した「味噌ラーメン」は、シンプル。スープは味噌のザラザラ感は無く、マイルドな油が溶け込んで、チャーシューの上に載っている生姜を溶かすと、プリプリの麺と絶妙に調和します。ひとつの時代を作った村中系とか純すみ系とか言われるスタイルのようです。

ネギとチャーシュー、メンマのほかに、よく見ると、クタクタになったモヤシが乗っています。シャキシャキじゃないところが、「麺とスープに集中しなさい」という暗黙のメッセージなのかもしれません。

以前にいただいた「鶏スープの醤油」といい、芸術性の高いラーメンは食べログでも3.58という高評価を得ています。

2017061_03.jpg

ただ、超人気店なので遠慮せずに“個人的感想”言わせていただくと、美味しさを追及するあまり、ある意味“ジャンクフード”化しているのかな、といった印象を持ってしまいます。たとえスープと麺への注目は下がったとしても、ほうれん草とかワカメとか炒め野菜とかが乗っていると、“美味しいお昼ご飯を食べた”という満足感につながるのかな・・・と。

そんな不満を抱きつつ、食べ終わった後に、あらためてスープをいただくと、うーん、さすがに旨い♪

自分の舌に自信が無くなったとき、再び訪問しようと思います。ごちそうさまでした〜。

眞麺 穂高(まことめん ほだか)
住所 北海道札幌市厚別区大谷地東4丁目2-15 西村ビル 1F
電話 011-896-5167
営業時間 11:00〜15:00/17:00〜20:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日休業)
座席 14席(カウンター席あり)

アクセスマップ・地図


スポンサーリンク



posted by tahbou at 04:07| Comment(0) | 大谷地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

子供服の古着が100円だらけ!!トライアル厚別店1階の「服屋ピーク」で驚きのピーク【札幌市厚別区】

スーパーセンタートライアル厚別店。1階の食品スーパーでは、あっと驚く檄安弁当が、2階には激安子供服の西松屋、そして100円ショップのダイソー。ここは激安店天国?
そう思い改めて1階を見てみると、ありましたありました。
20170608_01.jpg






これは、いったい、どういうことでしょう。古着とはいえ、子供服・婦人服が100円(税別)からという!100円から・・・というより、並んでいるのは、ほとんど100円じゃありませんか。

20170608_02.jpg

5000円のシャツを買うところを、100円で済ませたら、4900円のお釣りが残ります。10回繰り返したら4万9000円。家族で温泉旅行行けちゃいそうですね。

この激安子供服&婦人服のお店は「服屋ピーク」というらしいのですが、ネット上では、運営会社など確実な情報は無く謎につつまれたまま。

100円で売るからには、果たしていくらで仕入れて、そして人件費をどこからねん出するのでしょうか。いずれにしても、消費者にとってはありがたい限りですね。ぜひ、紳士服も取り扱っていただきたいと切に願います。


■スーパーセンタートライアル 厚別店
北海道札幌市厚別区厚別西4条2-8-7

アクセスマップ・地図


スポンサーリンク




posted by tahbou at 21:37| Comment(0) | 厚別西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする